業者が使う洗濯機の選び方|古いものは早めに買取しよう|中古機械の処分を検討する

古いものは早めに買取しよう|中古機械の処分を検討する

業者が使う洗濯機の選び方

男女

費用を考えておく

業務用洗濯機が必要な職業といえば、クリーニング店などが真っ先に頭に浮かぶかもしれません。ただ、中には従業員の作業着を、会社で洗っているところも少なくないですし、プロスポーツチームでもユニホームを洗うのに必要となる場合があります。何れにしても、家庭用とは比べものにならないほどの数の衣服を洗濯することになるわけですから、それを考慮した上で業務用洗濯機を選ばなくてはなりません。まず、業務用洗濯機を使う際に必要となる水の量ですが、日に何回も使用するなら、水道代も馬鹿になりませんから、節水機能が付いているものが望ましいです。同様に、業務用洗濯機を製造しているメーカーには、洗剤や消費電力が少なくて済むタイプがあるので、コスト削減ができるものを探しましょう。

使い勝手が大切

容量に関して頓着しない場合も多いのですが、大量の洗濯物を少ない回数で洗うためには、より大きな業務用洗濯機が必要です。ただし、必要以上に大きくても水や洗剤、電気の無駄遣いになってしまうため、一日に洗う量の平均を出しておくと良いでしょう。使用回数が多いということは、それだけ機械に負担をかけることになりますから、例え業務用洗濯機でも壊れる可能性が高くなってしまいます。そこで重要となるのがサポート体制についてで、いざという時に連絡がつかない、修理に時間がかかるといったことでは困るため、購入前にちゃんと確認しておきたいです。直るまで代わりの業務用洗濯機をレンタルできる、専門の業者を探しておくのと便利です。